ペロニー病の治療方法を3つに解説|下半身の病気の基礎知識

医者

色々な種類の病院

うつ伏せになる男性

下半身の悩みは泌尿器科で診察してもらうことになりますが、埼玉にはたくさんの病院があります。総合病院から個人が開院する病院まで色々な種類があるため、口コミ情報などを参考に最適なところを探しましょう。

もっと読む

泌尿器科の診療範囲

カウンセリング

下半身に異常を感じても、泌尿器科の診療範囲に該当するのか迷う人が一定数いるようです。もしものトラブルの時にすぐに対応できるように泌尿器科の診療範囲を性格に把握するようにしましょう。診療範囲は新宿と地方で大きく違いはありません。

もっと読む

しこりを見逃さない

聴診器

ペロニー病は陰茎にしこりができる病気で日本では有名人が罹患したことがニュースとなって知られました。最初にフランスで発見された病気で陰茎硬化症などと呼ばれることもあります。ペロニー病では陰茎の薄膜という部分にしこりが発生します。このしこりが発生すると勃起したときに痛みが生まれたり、陰茎が湾曲したりする症状が出始め、最終的には勃起障害がおこってしまいます。通常、白膜は勃起時に伸縮する性質を持っていますが、ペロニー病によるしこりができてしまうとしこり部分は伸縮しないため、陰茎が湾曲するようになって痛みが発生するのです。ペロニー病は癌になる心配のない腫瘍であるとはいえ、そのまま治療をせずに放っておくと痛みは増していき完全にEDになってしまうこともあるため、早期の治療が必要なります。ペロニー病は病状進行していく病気であるため、発見次第すぐに病状の進行を止める薬物治療を行なって治療していきます。内服薬での治療可能性もあるため、半年程度内服薬だけでの治療を行ないしこりの消失が確認できないようであれば、ステロイドなどの薬剤をしこりに直接注入する治療を行います。病状による痛みに耐えられない場合や勃起障害の進行が激しいときは、手術を行なうことも可能です。薬物治療を行なうにせよ、手術を行なうにせよ病院での治療を行なわなければ治りにくい病気であるため、すぐに治療に取り組むことが大切です。パートナーがいる人であれば自分だけの問題ではありません。下半身の病気は診察に行くことに勇気を要しますが、なるべく早く治療を受けることを心がけましょう。

迅速な治療が大切です

悩むメンズ

梅毒は性感染症の一つで男女の性行為をきっかけに感染が広がります。男女間で症状に差があり、女性の中にははっきりとした症状がでない人も多いといわれています。治療すれば2ヶ月程度で完治する病気であるため、異常を感じたらすぐに病院に相談しましょう。

もっと読む